Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C9]

速読については、全く勉強していなくて。
弊害はあるのかな?とか、確かに気になります。
私自身はめっちゃミライ君と似てます たぶん。
本は好きなので、よく読みますが、文字をしっかり読むというよりも、
イメージしてサラ~と読んでしまう感じで、
なので読むのは早いのですが、間違って読んでいたりすることも
多いのです。
大人なのに、はずかしいです(>_<)
推理物とかだと、あれ?ってなって戻って読見返すこともおおいです(>_<)


仕事で、正常発達、発達障害について勉強してきましたが、
今思うのは、正常発達の個人差の範囲の広さ。
一見、無駄のように思うことをトコトンすることの大事さ。

自閉症っていうと多動やこだわりが目立ったりしますが、
それも発達の過程には必要なことであって、
(1歳児のチョコマカ多動の時期や2歳児のイヤイヤこだわり期
のように)
自閉症だからある特別なことではないってこと。
自閉症のフィルターを通して子どもを見ずに、
子どもの発達の過程と思って見守ると
また、違った関わりができるのではないかな?と。
実際に子育てをして、強く感じるようになりました。

[C10]

Ikkoさん
> 弊害はあるのかな?とか、確かに気になります。
「弊害」!まさにその言葉です。
気になるんですよ~。
気にしすぎ?職業病?と時々自信がなくなるので、
ご同意いただけて、元気百倍ですv-344

> 私自身はめっちゃミライ君と似てます たぶん。
そうですか!似てますか!
いやいや、実はこれはもう気質とか個性の範囲で、
そんなイメージ先行型の読書には、
私がうかがい知れない楽しさがあるのかも…とも思っているんです。
色んな面で親の私と違ったスタイルを持っている息子なので…
だから余計に迷うんですよぉ。v-390

> 一見、無駄のように思うことをトコトンすることの大事さ。
本当に!無駄は無いんだなぁとしみじみ思うんですよね。

> 自閉症のフィルターを通して子どもを見ずに、
> 子どもの発達の過程と思って見守ると
> また、違った関わりができるのではないかな?と。
> 実際に子育てをして、強く感じるようになりました。
その通りv-437私も感じます。
ひとつひとつのステップを大事にしたいです。

[C29]

お久しぶりです。
なかなか読みに来れなくてごめんなさいねm(__)m

さて、実は桃太郎は限りなくグレーゾーンに近い普通の子だと私は思っています。
自分の子育てに生かすために障害児の母親向けの講演会を聞きに行って勉強したりと言うコトもしたことがあります^^
私が大好きな育児書「語りかけ育児」の著者もそのプログラムはもともと障害児のために研究されたものだと書かれていました。
障害児に良いものは健常児にも当たり前に良いってことなのかなとそれを読んで以降は思っています。

さて、速読は読む力がついてからにしたい。
同感です^^
まずは味わうことを知って欲しい。
早く読むのはそれからでも良いかなと思います。
味わうものと、早く読むものの区別を自分でつけられるようになってからでもいいかもしれませんよね^^

速読・・・・自分がやってみたいです^^
実は挑戦したことがあるのですが、なかなか思うようには行きませんでしたねぇ・・・・
  • 2010-06-21 20:46
  • さくらのはっぱ
  • URL
  • 編集

[C30] お久しぶりです♪

さくらのはっぱ様

ご訪問&コメントありがとうございます^^

> なかなか読みに来れなくて
いやいや、お互い様です。お気づかい頂き恐縮です。

そうですか、桃太郎君のために色々と勉強なさっていらしたのですね。

「語りかけ育児」私はまだ読んだことがありません。
言語療法士の方が書かれた本ですね。すごく興味があります。
今読みかけの本が終わったら早速読んでみようと思いますp^^q

速読、私も実は挑戦⇒挫折したことがあります。
なんか、一部分にこだわってしまう自分がいるんですよ。
結果、高額で購入した教材はミライが使ってくれる日を待つばかりです(汗)

これからも個々の子どもの育ちに寄り添うようなアイディアが詰まったブログを目指して参りますので、ご意見・ご感想をどしどしお願い致します。(あっ!ご負担にならない程度ですよ!もちろん)

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mamasolu.blog49.fc2.com/tb.php/30-5274e87d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

悩んでます☆「速読」導入のタイミング

先日の「エチカの鏡」にご出演だった「速読」の先生を、
昨夜の「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ」
またお見かけしました。

今度は清水ミチコさんが、30分の「速読」トレーニングだけで
時速150kmの剛速球をバッティングセンターで
打てるようになる!という内容でした。

「エチカ」の内容に関連して何度か
「ビジョントレーニング(目のトレーニング)」について書いてきたこのブログですが、
「速読」の部分についてはあえて書いていませんでした。

というのも、ママソル自身子育ての中で、
どの時点で「速読」を取り入れていこうか?
悩み途中文字色だからなのです。

う~ん、でも世の中的にはブームになっているようだし・・・
このブログにもビジョントレーニングつながりで、
「速読」系サイトからアクセスして下さる方も
皆無では無いようなので・・・

色々考えた結果、今ママソルが

何をどうして悩んでいるのか?

について書いてみるのも、ありかな?と思い
今日の記事を書いてみる事にしました。


「速読」、効果がありそうですよね。
しかも、30分!!ですよ!
もう、早速ミライにやらせてみたくなります。

でも、思いとどまっている理由があるのです。


数か月前に、糸山泰造先生の
「絶対学力」という概念に出会って、
ミライに「どんぐり」という教材を購入しました。

「どんぐり」についてはまた後日かきますが、
この教材を親子で始めて、
今のミライの課題が浮き彫りになりました。
(予想はしていたのですが)

ミライは耳で聞いた言葉の理解に比べると、
文章を自分で「読む」力がまだ充分に育っていないのです。

彼の性格というか傾向というか、
「読む」のが面倒臭いので、半分だけ読んで、
残りの半分を勝手な「予想」と「思いこみ」で
カバーしようとしてしまうのです。

なので、よく「読み間違い」をします。
詩の朗読も、「内容」で覚えるので、
てにをはが「ミライ風味」になります。

例えば、「たんぽぽだ」と書いてあっても、
ミライの「タンポポ」イメージとは違うらしく、
「たんぽぽでした」とことごとく読み違えてしまったり。

丁寧に1字1句を味わう楽しみもまだ未経験です。
自分のイメージに没頭してしまうので、
他の人が文字で表そうとした、
その人の世界を味わうことを知らない様子です。

ママソルは読書大好き人間なので、
ミライにも一文一文を大事に読む楽しさを知って欲しい。

だから、「速読」は、
そんな「読む力」がついてからにしたい。
と思うのですが…。

学術的にはどうなんだろう?
「速読」適齢期とかあるのかな?
逆に、「速読」をやってはいけない場合って無いのかな?

こんな疑問に答えてくれる書物にまだ巡り合っていません。

なので、私の中で「速読」は
「保留」になってしまっているのです。




ママソルは「発達障碍」にまつわるお仕事を時々します。

発達障碍を考えることは、
健常児(この言葉あまりすきじゃない)の発達を
見直すことにもつながります。

どちらも「こどもの発達」なのです。

「遺伝子にプログラミングされた、
発達の順番には意味がある」
ということを実感することが多いです。
これについても、近いうちに書くつもりです。

みなさんはどう思われますか?
コメントを頂けると嬉しいです。


ランキングに参加しています。
いつもご協力ありがとうございます。
ランキングが上がると、更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログへ


人気ブログランキングへ




興味深いテーマだよね。と共感して頂けたら、
拍手で応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメント

[C9]

速読については、全く勉強していなくて。
弊害はあるのかな?とか、確かに気になります。
私自身はめっちゃミライ君と似てます たぶん。
本は好きなので、よく読みますが、文字をしっかり読むというよりも、
イメージしてサラ~と読んでしまう感じで、
なので読むのは早いのですが、間違って読んでいたりすることも
多いのです。
大人なのに、はずかしいです(>_<)
推理物とかだと、あれ?ってなって戻って読見返すこともおおいです(>_<)


仕事で、正常発達、発達障害について勉強してきましたが、
今思うのは、正常発達の個人差の範囲の広さ。
一見、無駄のように思うことをトコトンすることの大事さ。

自閉症っていうと多動やこだわりが目立ったりしますが、
それも発達の過程には必要なことであって、
(1歳児のチョコマカ多動の時期や2歳児のイヤイヤこだわり期
のように)
自閉症だからある特別なことではないってこと。
自閉症のフィルターを通して子どもを見ずに、
子どもの発達の過程と思って見守ると
また、違った関わりができるのではないかな?と。
実際に子育てをして、強く感じるようになりました。

[C10]

Ikkoさん
> 弊害はあるのかな?とか、確かに気になります。
「弊害」!まさにその言葉です。
気になるんですよ~。
気にしすぎ?職業病?と時々自信がなくなるので、
ご同意いただけて、元気百倍ですv-344

> 私自身はめっちゃミライ君と似てます たぶん。
そうですか!似てますか!
いやいや、実はこれはもう気質とか個性の範囲で、
そんなイメージ先行型の読書には、
私がうかがい知れない楽しさがあるのかも…とも思っているんです。
色んな面で親の私と違ったスタイルを持っている息子なので…
だから余計に迷うんですよぉ。v-390

> 一見、無駄のように思うことをトコトンすることの大事さ。
本当に!無駄は無いんだなぁとしみじみ思うんですよね。

> 自閉症のフィルターを通して子どもを見ずに、
> 子どもの発達の過程と思って見守ると
> また、違った関わりができるのではないかな?と。
> 実際に子育てをして、強く感じるようになりました。
その通りv-437私も感じます。
ひとつひとつのステップを大事にしたいです。

[C29]

お久しぶりです。
なかなか読みに来れなくてごめんなさいねm(__)m

さて、実は桃太郎は限りなくグレーゾーンに近い普通の子だと私は思っています。
自分の子育てに生かすために障害児の母親向けの講演会を聞きに行って勉強したりと言うコトもしたことがあります^^
私が大好きな育児書「語りかけ育児」の著者もそのプログラムはもともと障害児のために研究されたものだと書かれていました。
障害児に良いものは健常児にも当たり前に良いってことなのかなとそれを読んで以降は思っています。

さて、速読は読む力がついてからにしたい。
同感です^^
まずは味わうことを知って欲しい。
早く読むのはそれからでも良いかなと思います。
味わうものと、早く読むものの区別を自分でつけられるようになってからでもいいかもしれませんよね^^

速読・・・・自分がやってみたいです^^
実は挑戦したことがあるのですが、なかなか思うようには行きませんでしたねぇ・・・・
  • 2010-06-21 20:46
  • さくらのはっぱ
  • URL
  • 編集

[C30] お久しぶりです♪

さくらのはっぱ様

ご訪問&コメントありがとうございます^^

> なかなか読みに来れなくて
いやいや、お互い様です。お気づかい頂き恐縮です。

そうですか、桃太郎君のために色々と勉強なさっていらしたのですね。

「語りかけ育児」私はまだ読んだことがありません。
言語療法士の方が書かれた本ですね。すごく興味があります。
今読みかけの本が終わったら早速読んでみようと思いますp^^q

速読、私も実は挑戦⇒挫折したことがあります。
なんか、一部分にこだわってしまう自分がいるんですよ。
結果、高額で購入した教材はミライが使ってくれる日を待つばかりです(汗)

これからも個々の子どもの育ちに寄り添うようなアイディアが詰まったブログを目指して参りますので、ご意見・ご感想をどしどしお願い致します。(あっ!ご負担にならない程度ですよ!もちろん)

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mamasolu.blog49.fc2.com/tb.php/30-5274e87d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

最新記事

検索フォーム

臨床心理士の本棚

私の読んだ本・読んでいる本をまとめて紹介。 評価や感想も随時UPします。 ブログ記事で紹介した本もこちらから ご購入いただけます。 まずは、クリックして見てみて!
アマゾンのインスタントストアです

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

ランキング

3つのランキングに参加中☆              
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
1日1回3連続クリックでご協力よろしくお願いします^^ありがとうございます☆

家族

ママソル

Author:ママソル
☆ミライ☆
長男 某私立小学生(低学年)
属性:ミテミテ星人 
目立つこととキラキラしたものが大好き
趣味:サッカー、イナズマイレブン命
ヒーロー:ゲゲゲの鬼太郎、ウルトラマン、ヤッターマン
将来の夢:サッカー選手をしながら
ラーメン屋さんをすること
ライバル:加藤清四郎くん

☆パパソル☆
会社員 アラフォー(?)
属性:オレサマ星人
でも息子にだけはときどき世界の中心をゆずります(笑)
趣味:園芸(盆栽ではありません)
ヒーロー:ミンキーモモ(おい!)

ブックマーク

お気に召したでしょうか?

お役立ちサイト

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。