Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電車通学再開にむけて

いよいよ新学期です。新学年です。

新学期がはじまると、震災以来ストップしていたミライの独り通学も再開です。

1年生からやらせていた事とはいえ、「登下校中に災害が起きて、帰宅難民になっていたら...」と思うとやはり心配です。

電車通学させている親の共通の心配ですよね。
かといって、登下校に毎日付き添う訳にもいきません。

震災までは、「なにかあったら、ママが迎えに行くまで動かないで!」と言っていました。
今ではその言葉があまりにもナンセンスだったことがわかります。
お恥しながら、災害が起こった時どうなるのかまったく予想できていなかったのです。
それに、今回の被災地の報道で、9歳の男の子が避難所から避難所をめぐり家族を探す姿を見て、子供達の逞しさと、子どもを「何もできない小さい子」扱いしていた自分の過ちに気がついたのです。

そこで、前言撤回、訂正しました。
具体的に。いざという時に思い出せるように。
「学校から駅までの徒歩中だったら、学校に帰り先生の指示に従います。」
「電車やバスで移動中だったら、できるだけ同じ学校の人たちと固まって行動します。駅員さんやバスの運転手さんがみんなで安全な場所に移動しますと言ったら一緒に行きます。」
「避難所などで落ち着いて、あなたの家族が決めている避難所はどこですか?と聞かれたら、○○か△△が近くです。と答えます。」

ミライ本人もこれには納得できて安心した様子でした。




そうそう!こんな時にこそ使える、心理学的うんちくをすっかり忘れていました!(笑)
子どもに指示する時、「☆☆をしない」と言ってもあまり効果が無いのです。
代わりに、「△△をしてね」というと効果が断然上がります
 

例えば外に出れずに家の中で暇をもてあましている子どもたちが
今にもケンカしそうな雰囲気になった時に
「ケンカをしない!」と言うと具体的なようで抽象的な指示なのです。
代わりに、その雰囲気を無視して静かに「トランプしようか」とか
「○○のビデオみようか」「買い物に行こうか」と
「ケンカ」の代わりに今の時間することを提案する事が、
「ケンカを回避する、ケンカをさせない」という目的を容易に達成できるのです。

う~ん、災害時のときこそのうんちくを全く無視して我が子に「動かない!」と指示していたとは…
心理学的うんちくを自分の子育てに実践するのはなかなか難しいです(恥)

安心して安全に通学できるように、
ときどき親子で家庭の緊急時対策を見直すことは大切ですね。
子どもは成長に伴って、行動力も成長するので、
発達に見合った内容になるようにしたいものです。
近い将来ソル家でも、ミライが下級生の頼れるお兄ちゃんになれるように話し合う日が来たら、その様子も報告しますね。

にほんブログ村 子育てブログ 私立小学生の子へ
スポンサーサイト

Appendix

最新記事

検索フォーム

臨床心理士の本棚

私の読んだ本・読んでいる本をまとめて紹介。 評価や感想も随時UPします。 ブログ記事で紹介した本もこちらから ご購入いただけます。 まずは、クリックして見てみて!
アマゾンのインスタントストアです

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

ランキング

3つのランキングに参加中☆              
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
1日1回3連続クリックでご協力よろしくお願いします^^ありがとうございます☆

家族

ママソル

Author:ママソル
☆ミライ☆
長男 某私立小学生(低学年)
属性:ミテミテ星人 
目立つこととキラキラしたものが大好き
趣味:サッカー、イナズマイレブン命
ヒーロー:ゲゲゲの鬼太郎、ウルトラマン、ヤッターマン
将来の夢:サッカー選手をしながら
ラーメン屋さんをすること
ライバル:加藤清四郎くん

☆パパソル☆
会社員 アラフォー(?)
属性:オレサマ星人
でも息子にだけはときどき世界の中心をゆずります(笑)
趣味:園芸(盆栽ではありません)
ヒーロー:ミンキーモモ(おい!)

ブックマーク

お気に召したでしょうか?

お役立ちサイト

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。